株式

PEGレシオとは?PERだけでは測れない割安株の見つけ方【バリュー株投資】

PEGレシオと株価成長率のイメージ
バリュー株投資をしたいんだけど、とりあえずPERが低い企業の株を選んで買っていけばいいのかな?
はるまき
はるまき
PERだけだと、その時点での収益率しか分からないから、PERが低いだけで割安と判断するのは少し危険だよ!今後の利益成長率を加味したPEGレシオもチェックすることをおすすめするよ!

株の割安度を測る指標としては、PERやPBRが有名です。

世界一の投資家ウォーレン・バフェットも過去にこれらの指標を使って投資をしていました。

PER、PBRについては、こちらの記事で考え方から詳しく説明しているので、「PERって何?」という方はこちらの記事を読んでからこの記事を読むことをお勧めします。

株式市場、StockMarket
【EV/EBITDA】世界最高の投資家ウォーレン・バフェットの投資手法3選【PER,PBR】 「ウォーレン・バフェット」 投資をやっている人であれば一度は耳にしたことのある名前ではないでしょうか。 世界最高の投資家と言...

PER(株価収益率)にも弱点があります。

それは、その時点での割安度しか測ることができないということです。

「PERが50倍」と聞いてどう感じるでしょうか?

異常値だね!割高すぎて手が出せないよ!

PERの平均値が概ね15倍と言われているので、「50倍は割高すぎて手が出しにくい」と感じる人が多いと思います。

しかし、それはあくまでその年の利益とその時点での株価から見た割高感であって、今後、その企業がそのPERに見合った成長をしていくことが予想されるのであれば、一概に割高とは言えないはずです。

例えばディズニーランドの運営会社であるオリエンタルランド(4661)のPERは60倍を超えていますが、過去にはPERが30倍や40倍の時代がありました。

その時に、

オリエンタルランドのPER30倍だって!割高すぎるから今は手を出さない方がいいね。

と判断して株を買わなかった人よりも、

オリエンタルランドのPER30倍かー!割高な値だけど、まだまだ成長する余地があるから買い増しとこう。

と考えた人の方が、その後株価はうなぎのぼりとなったわけですから、結果的には正しかったと言えます。

もちろん、このオリエンタルランドのような極端な例は、今回紹介するPEGレシオを用いても判断は難しいと思います。

しかし、PERを見るだけでなく、今後の成長率を加味して割安度を判断するという考え方が大切なのです。

その判断を補助してくれるのが、PEGレシオという指標です。

今回は、PERを発展させたこのPEGレシオの計算方法と考え方について解説します。

PEGレシオとは?【PERだけでは割安度は測れない?】

PEGレシオとは、「PERに今後の利益の成長見通しを反映させた指標」です。

PEGレシオは次の計算式で計算できます。

PEGレシオ(倍) = 予想PER(倍) ÷ 予想利益成長率(%)

このPEGレシオが低いほど、成長率が高く割安であり、PEGレシオが高いほど、成長率が低く割高であるということになります。

一般的な判断基準は次の通りです。

    1倍以下   割安

    1倍〜2倍  適正

    2倍以上   割高

PEGレシオの考え方

具体的に銘柄で見ていきましょう。

下の画像をご覧ください。

楽天証券アプリのPEGレシオの見方のイメージ

(引用元:楽天証券iOSアプリ iSPEED)

(9684)スクエア・エニックス・HDのコンセンサス情報の画面です。(2019年12月7日時点)

スクエア・エニックス・HDのPERとPEGレシオは次の通りです。

予想PER=25.75倍

PEGレシオ=0.66倍

これを、先ほどの計算式に当てはめると、

PEGレシオ(0.66倍)=PER(25.75倍)÷利益成長率(39%)

となります。

つまり、39%という高い利益成長率があれば、PER25.75倍でもPEGレシオは0.66倍となり、一概に割高とは言えないということになります。

このように、PERだけ見てその時点では割高と感じたとしても、PEGレシオを見て今後の成長を加味することで本当に割安な株を見つけるための一つの判断材料とすることができます。

PEGレシオを使うときの注意点

注意点は次の2つです。

PEGレシオがマイナスの場合、判断材料として使えない

PEGレシオは未来予測に過ぎない

PEGレシオがマイナスの場合、判断材料として使えない

PEGレシオがマイナスになるときとは、利益成長率がマイナスになるときです。

例えば、PER15倍に対し、利益成長率が−5倍としましょう。

 PER15倍÷(利益成長率−5%)=PEGレシオ−3倍

となります。

マイナスとなった場合、PEGレシオで割高か割安かの判断はできません。

利益成長がマイナスになっている時点で割高かもしれないし、PERが異常に低ければ、少しのマイナスで済んでいるから割安と言える可能性もあるからです。

PEGレシオは未来予測に過ぎない

利益成長率、つまり「今後どのくらい利益が伸びていくか」、という数字はあくまで予想に過ぎません。

予想が大きく外れることも十分にあり得ますし、実際に今までにも予想外の下方修正はたくさんありました。

「PEGレシオが低いから買う」というのではなく、あくまで判断のための一つの材料として使うことをおすすめします。

はるまき
はるまき
PEGレシオを見るなら楽天証券(要口座開設)のスーパースクリーナーがおすすめ!米国株なら投資の森というサイトがおすすめだよ!

ツイッターでも情報発信してるので、フォローお待ちしてます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です