株式

配当金生活をしたいなら米国株投資を避けて通れない3つの理由【高配当株】

配当金計算書のイメージ
高配当好き
高配当好き
米国株って難しそうで手を出しにくいなぁ。そもそもアメリカの企業なんてあんまり知らないし。
はるまき
はるまき
始める前ははるまきもそう思ってたけど、実際は超簡単!高配当株投資をやるなら米国株をやらない手はない!

セミリタイア・アーリーリタイアを目指す人にとって、安定した不労所得を生み出す高配当株はとても魅力的な金融資産です。

「高配当株」というとまず日本株を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は、日本よりアメリカの企業の方が、多くの配当金を出す傾向にあるのです。

アメリカでは「株主至上主義」という文化があります。

株主には配当金で出来るだけ多くの還元をしよう、という文化が米国企業にはあるということです。

もっとも、最近は米国内で株主至上主義を見直そうという動きもありますが、それでも日本企業よりは株主に多くの還元をしていることは間違いありません。

今回は、配当金生活を目指すなら米国株投資を避けて通れない3つの理由と、オススメの米国高配当株の始め方について解説します。

配当金生活をしたいなら米国株投資を避けて通れない3つの理由【高配当株】

3つの理由は次の通りです。

①から順番に解説していきます。

①米国株は右肩上がりの実績

まずは、こちらの画像を見てください。

1990年頃から2019年11月までのS&P500と日経平均の価格上昇率を比べたものです。

米国株指数S&P500と日経平均株価の比較のイメージ

青線がS&P500、赤線が日経平均を表しています。

これを見るとS&P500は右肩上がりの成長率なのに対し、日経平均はほぼ横ばいです。

もちろん、これまでの調子が今後も同じように続いていくという保証はどこにもありませんが、実績から考えると、日本株だけに投資するよりは米国株にも投資した方がいいのは明白です。

②連続増配銘柄多数

日本株で連続増配をしている銘柄といえば、「花王」です。

連続増配年数なんと30年!(2019年12月時点)日本ではダントツ1位です。

一方、米国株で30年以上連続増配を続けている企業は2019年12月時点で47社あります。

また、そのうち15社はなんと50年以上連続増配を続けているのです。

ちなみに、1位はドーバー(DOV)で、63年連続増配しています。

花王が霞んできませんか?(笑)

また、ただ連続増配しているだけでなく、財務が健全で安定している高配当銘柄がかなりの数含まれています。

この点においても、日本の高配当株だけに投資するのはもったいないと感じる人は多いでしょう。

③優良な高配当株ETFで簡単に分散投資ができる

日本の高配当株ETFといえば、(1489)NF日経高配当50や、(1494)MAXIS高配当70MN等があります。

これらはどれも、信託報酬は0.3%前後で分配金利回りが3%前後です。

次に、アメリカの高配当株ETFといえば、SPYD、HDV、VYM、などがあります。

信託報酬はVYMが0.06%、HDVが0.07%、SPYDが0.08%です。

配当利回りはVYMが3.09%、HDVが3.29%、SPYDが4.41%(全て2019年12月4日時点)となっています。

信託報酬、分配金利回りにおいて、日本株の高配当ETFも悪くはないですが、米国株ETFに低コストで投資するのが無難です。

また、SPYDでも物足りない、もう少しリスクをとってリターンを得たいという人のために、PFFという米国高配当株ETFをご紹介します。

PFFは信託報酬0.48%、分配金利回りは6.13%です。(全て2019年12月4日時点)

信託報酬は少し高めですが、かなりの高利回りです。

なお、毎月分配型のETFですが、タコ足配当ではなく、ファンドが得た配当金の中から分配金が支払われます。

ただ闇雲に配当利回りが高いものを選ぶのではなく、自分の投資目標に合わせて、どのETFを選ぶか決めるようにしましょう。

ETFと個別銘柄を併用して米国高配当株ポートフォリオを作ろう!

米国株は財務が健全で安定性のある大企業でも、配当利回りが5%を超える銘柄がゴロゴロあります。

しかも連続増配年数は今後も米国全体で伸びていくものと考えられます。

ETFと個別銘柄を組み合わせることで、分散投資をしつつ、配当利回りの底上げと低コスト化を図ることができます。

最初は銘柄選びをしなくていいETFから始めて、慣れてきたら個別銘柄にも挑戦することをオススメします。

米国高配当株ETFを始めるなら、ETFの定期買付機能があるSBI証券がオススメです。

口座開設はこちらから →  SBI証券

夢の配当金生活に向けてまずは一歩踏み出しましょう!

高配当好き
高配当好き
ETFなら銘柄選びをしなくていいから簡単に始められるね
はるまき
はるまき
ETFだけでもポートフォリオとしては十分!はるまき的には利回りがもうちょい欲しいので、今後もタイミングを見て個別銘柄を組み込んでいきたいと思います!

今日はこの辺で!

Twitterでも情報発信しているのでフォローお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です